種明かし後半

どうやって金庫を開けたのか。

そして鳥栖がした一つの事とは?

 


スポンサーリンク


 

緊急避難はしごのルートを使って恭一の部屋に侵入した歌仙。

あとは金庫を開けて麻取延人を入れるだけ。

 

そして歌仙が取り出したのは・・

ALSライト。

恭一が手に入れて鳥栖がすり替えたもの。

このライトの光が反応するのは血液・・

それともう一つ。

指紋!

金庫にライトを当てれば恭一がよく触れている番号が光るはず。

 

照らしただけではダメ。

フィルターを通す。

すると

0 3 6 8

が光った!!

 

通常、4桁の数字の組み合わせは1万パターン。

しかし4つの数字に絞られるとわずか24パターンになる。

※数字の重複が排除されるため、
4×3×2×1=24通り

 

歌仙、小さい方から順番に試してみる。

3回試した時点でボタンがロックされた!!

焦る歌仙。

 

どこかに通報されたとか!?

 

スマホで金庫について調べてみる。

すると通報機能はついていないことが判明。

ホッとする。 

 

しかし3回間違うたびに10分間ボタンが押せなくなる。

残るはあと21パターン。

全部押すと仮定すると70分かかる。

 

現在の時刻はAM3時前。

4時過ぎると夜明けにはギリギリ。

避難はしごのふたを開けたままなので長居はしたくない。

 

10分経って・・・

歌仙は小さい順に押すのではなく、勘を働かせることにした。

神仏に祈り・・・

 


スポンサーリンク


見えた!!

 

6308

はずれ。

逆を試す。

8063

ガチャ

開いた!

歌仙、ガッツポーズ!!

 

紙袋を金庫に入れる。

歌仙
(零花を傷つけ、哲雄さんがころした男の骨・・・

延人さん・・

私たち家族の為に、力をかして・・)

 

 

現在6月22日金曜日

正午ごろ。

歌仙がキッチンでローストチキンチキンを作っている。

零花
「何かいい事あった?」

 

歌仙は、そのうちちゃんと話すと言い、

「全部終わったから。」

 

零花は「ふーん・・?」

 

 

鳥栖によるもう一つのトリックの説明・・・

 

歌仙の作戦を成功させるために一つだけ・・・

どうしても鳥栖がしなければならないことがあった。

それは恭一の部屋の密室状態を解除すること。

 

6月21日木曜 20時半頃

鳥栖は恭一と一緒に恭一の部屋に入った。

恭一は鳥栖の動きを監視し、隙はない。

 

会話で話を長引かせながらチャンスをうかがうも、

時間だけが過ぎていく。

 

23時半ごろ・・

もう無理なのかもしれないとあきらめかけたら、

不意に涙がこぼれた。

隙なんてどこにも・・

 

その時鳥栖が思わず口にした涙の言い訳が恭一に隙を生み出した!

 

一週間、いろいろありましたから。

もうヘトヘトで・・・

 

恭一
「一週間か・・・

そうだな・・」

 

この時見せた恭一の表情に鳥栖はつけ入る隙を見つけた!

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク