ヒロアカ ネタバレ 182話

  

話は少し遡り、デクとエクトプラズムが会場に到着したところ。

青山が待っていてくれた。

「緑谷君遅いよー!」

謝るデク。

 


スポンサーリンク


 

青山はデクの身なりを見とがめる。

体中擦り傷と土だらけ。

それでは楽しませる前に心配されてしまう。

ちゃんと直してからでも間に合うだろう。

 

幕が上がる直前。

客席の中には最近の雄英に対する不平不満をA組に向けている奴もいる。

楽しもうなんて気はなく、品定めの為に来てる輩が。

彼らの目にお遊戯同然に映らなければいいのだけど。

 

ボーカルの耳郎は目を閉じる。

(響香・・・好きにやっていい)

 

ドラムの爆豪が叫ぶ!

「いくぞコラアアア」

雄英全員、音でやるぞ!!

 

ド派手な演奏がスタート!!

ギター 上鳴

キーボード 八百万

ギター 常闇

ボーカルの耳郎はベースも担当。


スポンサーリンク


開幕爆発!!

ダンスもキレイにそろってる!!

耳郎
「よろしくおねがいしまァス!!」

 

ドオ

 

観客を引き込んだ!

いいぞ!

 

お茶子と蛙吹のダンスもかわいい!

青山とデクのパート!

息ピッタリ!

二人はアイコンタクト。

「いくよ!」

「ウィ」

 

見せ場!!

 

デクが青山を高く放り投げた!

そしてレーザービーム!!

 

ピカッ

 

人間花火かよ!

ウケた!!

 

サビ前。

デクは引っ込み、峰田はボールをたくさんポポポ。

2階から瀬呂と轟がテープやらなんやら放出!

 

ここでサビ!!

ぶっころせ!!

 

球やら、光やら氷やら入り乱れてエフェクトも演奏も最高潮!!

蛙吹は舌でお茶子を振り回す。

お茶子は客席を回って楽しみたい人にタッチ!

タッチした人は空中に浮く!

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク