ダイヤのエース act2 123話 ネタバレ
 
 

青道高校 対 西邦高校(愛知)。

2回裏を終わって0-0

 


スポンサーリンク


 

3回表、西邦の攻撃

ツーアウト。

ランナーを背負って投げる沢村。

次の打者を内野ゴロに打ち取ってチェンジ。

 

3回裏、青道の攻撃

9番沢村がフォアボールで出塁。

しかし白州が内野ゴロでスリーアウト。

ショートがいい所にいた。

 

ピッチャーの明石はここまでノーヒット。

しかしフォアボールが2つ。

こういうところから崩れるところもあるらしい。

 

対し、沢村は許したヒットが1本。

西邦打線にまともバットを振らせていない。

 

ここから2巡目。

どちらが先に均衡を破るか。

 

4回表。

打者は要注意の一之瀬。

 

沢村投げた!

一之瀬は踏み込むときに足を上げない!


スポンサーリンク


外野フライ。

 

奥村は一之瀬のステップに気づいていた。

 

次は4番明石。

奥村は外角低めに構える。

沢村投げた!

遅い球。

ボール。

 

明石も踏み込むときに足を上げない。

もともと追い込まれたらノーステップに打ち方を変えてくるチーム。

沢村のムービング対策。

始めからノーステップで打ちに来ているのだ。

 

これは西邦の監督の指示。

目線がぶれずにミートに徹する打ち方。

クセ球でも芯で捉えれば内野の頭は超える。

 

次。

奥村のサインはストレート。

ギリギリまで引き付けて打ちに来るから、詰まらせようという意図。

 

明石、振って来た!

 

ギン

 

詰まった!

しかし内野の頭を超えた!

ヒット。

 

奥村の計算が甘かった。

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク