2ページ目

 

 

トーマンは

パーちん 三ツ谷 ドラケン マイキー 一虎 そして俺

この6人で立ち上げた。

「トーマン創立メンバーは、俺の宝だ。」

 


スポンサーリンク


 

自分一人で何とかしたかったという場地。

俺は自分でしんだ。

だからマイキーが一虎をころす理由はねぇ・・

 

場地は真一郎の幻覚を見る。

いよいよか。

 

場地は、タケミチがどこか真一郎に似ているという。

「マイキーを・・・

トーマンを・・・

オマエに託す!!」

 

涙が止まらないタケミチ。

そんな事言わないでというのが精いっぱい。

 

場地は千冬に最後の頼みごとをする。


スポンサーリンク


「ペヤング食いてぇな。」

千冬が買ってきますというと、

「半分コ な?」

 

千冬も涙が止まらない。

場地はそんな千冬を見てニッと笑い、

 

「ありがとな、千冬・・」

 

そう言うと静かに目を閉じた。

 

千冬は場地を抱きしめて叫ぶ。

「場地さぁぁん!!」

 

千冬の慟哭がずっと響いていた・・・

 

——61話ここまで。

東京卍リベンジャーズ 62話に続く

 

〇感想

場地はトーマンの創立メンバーが本当に好きだったんですね。

だから何とか上手く行くようにしようとした。

最後には自分の命まで犠牲にして・・・

場地の思いはマイキーに届くのでしょうか。

キーワード


スポンサーリンク