ベティの出血が増えている。  

 


スポンサーリンク


 

クジョー曰く、

このまま出血が続くと、命の危険があるのはもちろん

もし胸腔内の動脈を損傷しているとすると

着地の衝撃に耐えられない。

そしてクジョーが提案した、一つだけベティを助ける方法とは・・

ISSでベティを手術すること。

確実に、安全にベティを地球に帰すには、それしかない。

 

ISSで手術をするのは、クジョー。

遠隔でやる。

前例はないが、手術を想定した医療機器や薬品の備えはISS内にある。

 

主に精密機器の遠隔修理に使っている、フィンガーX(上半身だけ人型ロボット) がJEMモジュールの保管庫にある。

あれは手術にも対応できる仕様。

 

本当にできるのか、スタッフは心配する。

スライドカバーに、ユンボでレゴリスを積載するのとはわけが違う。

 

クジョーは言う。

「プロのギタリストは・・

どんなギターでも演奏できるでしょ。」

僕にとったら・・・


スポンサーリンク


勝手は一緒です。

 

ハガードはGOサインを出す。

「前例を作ってもらうぞ、クジョー。」

 

 

この決定はカルロからベティに告げられた。

カルロ
「月もISSも両方いけるなんて史上初だよ。

ラッキー&ラグジュアリーな旅になるね。」

 

ベティは生きることだけを考え、

カルロは救うことだけを考える。

 

 

前回、接続が完了したムッタたち。

電源を入れる。

パラソルアンテナが次々と点灯していく。

 

しかし!

すぐに点かなくなった。

インジケーターを見ると・・・

電力不足。

31%しかない!

再起動しても同じ。

 

NASAで原因を検討する。

 

ビンスから連絡が入る。

電力不足の原因は、ケーブルの断線や接続不良が考えられる。

ただ、現時点では3つあるラインのうち、どのラインに不具合があるのか断定できない。

データ解析が必要になってくる。

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク