4回表を終わって

青道 0-0 西邦

息詰まる投手戦。

 


スポンサーリンク


 

バッターボックスには3番麻生。

 

青道ベンチでは、小野が沢村にある提案をしていた。

隠し玉として封印しているナンバー7と11を早めに試しておいた方がいい。

ナンバーズはその日によって動き方が変わる。

キャッチャーから見ても手を焼く球。

 

奥村も、言ってくれて助かると言っている。

リードは任せるとか言って、首を振るから・・

 

ここからしばらく沢村と奥村の言い合い・・

 

由井も同じことを考えていた。

ナンバーズは御幸先輩と沢村先輩が2人で作り上げたボール。

正直自分もまだ全て掴めていない。

しかも相手は強豪・西邦高校。

リードが難しくなってくるのは、むしろこれから。

 

麻生はいい当たりをするも、内野の好守備に阻まれる。

 

次は4番結城将司。

外野が後ろに下がる。

この1年、すげぇスイングしてた・・・

 

けど・・・

聖也の方が

デカい

強い

はちきれそう


スポンサーリンク


ピッチャー、明石聖也の力投!!

 

結局将司はナイススイングを披露したのみで三振・・・

これでツーアウト。

 

次は5番ファースト山口。

この山口に対し、明石はフォアボールを与える。

 

次は6番レフト三村。

初球打ち!

打球はセンター前へ。

これでランナー1・2塁。

 

次は7番サード樋笠。

樋笠の口がとがっている。

イケそう!

 

明石はこの樋笠に対してもフォアボール。

これで満塁!

 

このチャンスにバッターは8番・奥村。

 

沢村は大きな声で

「奥村ぁ!

狙って行けよ・

フォアボールの後の初球!

ピッチャーストライク欲しがってんぞ!!」

 

ホントに初球を狙おうと思っていた奥村はイラッとる。

(こういうところが本当・・・)

 

このピンチに西邦の野手はマウンドに集まる。

「しゃあ!勝負だ!!」

 

奥村
(ここでランナーを返せば・・

沢村先輩を後押しできる。)

先輩達の作ったチャンスを潰しはしない。

集中する奥村。

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク