聖蹟の夕食後ミーティング。

ユキが編集した梁山戦のビデオをみんなで見ている。

 


スポンサーリンク


 

ドキュメンタリー映画のような仕上がり。

ユキによるナレーションも入っている。

そしてラストは

エアロスミスのミス・ア・シングをバックにつくしの笑顔!

 

みんな拍手喝采!

巧みな演出!

的確なナレーション!

絶妙な効果音!

ブラボー

面白い!!

感動した!!

 

1人だけ納得いっていない男がいる。

来須浩之。

俺が出ていない!

 

しかし他のみんなは感動!

水樹の目からは涙。

臼井も焼き増ししてもらうつもり。

編集をしたユキは天才と呼ばれる。

生方はちょっと怒っている。

(ユキちゃんやり過ぎ・・)

 

再上映のアンコールが起こると、生方がキレた!

「うるさい!静まれ!!」

 

みんな「おーー」

元気な生方が帰って来た。

風間だけは
「元気ない方がいい。」

 

マネージャー復活!!

 

生方が日程説明をする。

明後日1月5日

今日と同じ駒沢陸上競技場での第一試合。

相手は静岡代表

砂山朝一率いる音羽学園。

砂山は所謂十傑の一人。

大会ナンバー1のGKと言われている。

2年前、水樹キャプテンたちが1年生の時に敗れた相手。

 

生方
「ですが、先程観た映像からもわかるように、

全員の力を合わせれば

聖蹟は音羽にも勝てる

私はそう確信しています。」

 

ここで女子高生の団体が乱入してきた!


スポンサーリンク


目当てはほとんどが水樹。

一部臼井。

いやいや、ミーティング中・・・

 

ここで笠原が状況を説明する。

彼女たちはたまたま同じホテルに宿泊していた子たち。

むしろ、これだけの数で済んで良かった。

碇屋と水樹は夕方のニュースでも特集を組まれていた。

外にも大勢のファンが詰めかけている。

もはやちょっとした時の人。

※保科と相庭もとばっちりでホテルに入れなかった。

 

誰も笠原がいることを突っ込まない。

やっと国母が

「いや笠原いるし!!」

灰原
「あ!お前いつからここに!?」

 

最初からいたらしい。

笠原はつくしに声をかける。

「柄本、上手くなったな。」

しかし周りがうるさくてつくしには全然聞こえず。

残念。

 

監督の一声で、ここで解散。

ここで問題が発生、

佐藤が大柴と同じ部屋が嫌だと言い出した。

疲れたのでゆっくり休みたいから。

 

みんなに拒否され、大柴の引受先が見つからない。

ここで生方が大柴に声をかけると

大柴
「いやあああああ

それはいやあああああ。」

生方「おい。」

 

生方が言おうとしたのは

「私は個人的に、大柴先輩が今日のMVPだと思っています。」

 

結局大柴は白鳥を追い出して来須の部屋で寝ることになりそう。

 

風間
(しかし今日いちばんフラストレーション溜めてるのは・・

君下くん。)

こりゃあ次戦爆発しそうだ。

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク