シリーズ子宮頸管無力症第2話

 

 


スポンサーリンク


 

大山さんの18週での健診。

子宮頸管の長さが2週間前のエコー写真より短くなっていることが分かった。

サクラ
「なので、子宮頸管縫縮術をしたほうがいいと思います。」

今は子宮は閉じているが、このままだと開いてくる可能性がある。

 

大山さんは了解する。

入院は今日から。

 

サクラが手術の説明をする。

・今日手術前の検査を行って、問題がなければ明日手術を行う。

・術後は破水などのリスクもあるので慎重に経過を見ていく。

・麻酔は下半身だけの麻酔。腰椎麻酔で行う。

・手術自体は10分から15分で終わる

・前後の麻酔や準備の時間を入れると30~40分

・手術の前からはり止めの点滴を行い、感染予防で抗生剤の投与も行う。

・術後、はりや出血が問題なければ点滴は外す。

・早ければ4日で退院できるが、はりや出血があれば長引くこともある。

 

 

大山さんの夫の職場。

夫が息子のシンくんを職場に連れてきている。


スポンサーリンク


急な事で保育所の手配がつかなかったとの事。

明日からは一時保育で18時までは見てもらえる。

 

当然出社しただけでまともに仕事は出来ない。

同僚に迷惑をかけて心苦しい思いをする大山さん。

結局早退することになってしまう。

 

帰りに公園の池でシンくんを遊ばせる。

陽が沈んでもなかなか帰ると言わないシンくん。

夕方6時近くになってようやく帰路に就く。

 

帰り、夕食に牛丼屋による。

シンくんはオモチャ付きのキッズセットを頼む。

遊んでばかりで中々食べない。

結局牛丼屋を出たのは7時半過ぎ。

大山さん、牛丼屋に1時間半もいたのは初めてとぼやく。

 

家に着いて・・

シンくんはパパにママはいつ帰ってくるのか聞く。

今日はママは帰ってこないと言っても聞かない。

ママを探しに外に出ようとする。

 

パパが引き留めて、ママは今日から赤ちゃんを産むために病院にお泊りと説明する。

「だからパパと男二人でガンバるぞ。」

シンくん
「がんばれない!

ままーーー(泣 」

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク