前回のあらすじ

  

革命軍の現在の本拠地はモモイロアイランド

カマバッカ王国。

ルフィの記事を見てイワンコフも上機嫌。

 

 


スポンサーリンク


 

サボの元にリンドバーグから電話が入る。

トラブル処理をしてから行く。

 

ドラゴンとサボは先に作戦を固めておくことに。

今回のレヴェリーではいよいよ天竜人へ宣戦布告!

 

グランドライン

ルルシア王国の港町。

桃ひげ海賊団の桃ひげに襲われている。

民は泣き叫ぶばかりで戦おうとしない。

 

そこにド派手の女が現れて

「行け モーリー。」

と言うと、地面が盛り上がっておかまの大男が出現!

桃ひげに対して

「何よじろじろ見てーー

そんなにアタシの事好きなの?」

と突然の冤罪!!

 

このおかま以外にも

発明好きのリンドバーグ

カラスの姿をしたカラス

咥えたばこのグラサン女・ベロベティ

がいる。

4人で一組、革命軍の幹部。

 

ベロベティのコブコブの実の力で民を蜂起させる!

桃ひげ海賊団は退散!!

この4人も天竜人に喧嘩を売るために集められたのであった・・・

 

 

ここから905話

 

 

2年前に起きた海軍本部と白ひげ海賊団による頂上戦争・・

海軍は勝利したものの、戦場となったマリンフォードは壊滅的な被害を受けた。

世界政府は、さらに激化する海賊時代に備えてより強固な要塞を築いた。

 

ニューマリンフォード!!

 

新元帥・サカズキが率いる新しい海軍本部は

旧マリンフォードとは

レッドラインを隔てて反対側にある。

場所が変わっても、海軍本部は

天竜人の住むマリージョアの門番であることに変わりはない。

 

「藤虎がマリージョアに現れたじゃと!!?」

サカズキ元帥が激怒している。

麦わらとローの首を取ってくるまでは軍の敷居を跨がせんと言ったはず!!

 

藤虎の理屈としては

ここには軍の敷居はござんせんので。

 

トンチのきいた返しである。

マリージョアでは大将の緑牛が相手をしている。

 

 


スポンサーリンク


グランドラインG1支部の裏手。

巨大な港・レッドポート・・

レッドラインを挟んで2つ存在して、

壁の向こうの海へ渡る政府のルートとなっている。

 

ここではマリージョアへシャボン玉で飛ぶリフト

ボンドラがあるのだ。

 

港の船が続々と到着している。

まずロシュワン王国のビール6世!!

マトリョー姫たちも連れている。

 

バリウッド王国のハン・バーガー王

歩くのが遅い!

しかし!引き返すことはもない!

のだそうな・・・

 

タジン王国のモロロン女王!!

美しい!

世界中の瞳に乾杯。

 

シシャノ王国のタコス王!

 

そしてあたりが俄然騒がしくなったと思ったら・・・

ついに来た!

人魚姫!!

人気度が違う!!

 

しらほし姫~

何て美しさ!

 

しらほしは地上の美しさにみとれている。

 

しらほし姫を先導しているのは

海軍本部中将

モンキー・D・ガープ

ルフィの祖父。

 

リュウグウ王国が世界政府に加盟して200年。

実は世界会議への参加は2回目。

これは最早事件!!

 

モルガンズも、多くの社員を引き連れて取材に来ている。

しかしモルガンズは仕事を忘れてしらほし姫に夢中!

 

ガープもしらほし姫は大好き。

べっぴんだし、何しろデカい!!

 

その時一人の若者ガープに絡んできた。

この若者はステリー。

イーストブルー・ゴア王国国王である。

※サボの義弟。

 

モルガンズによるゴア王国情報

平和な田舎の国にして極悪人共を輩出している。

ガープは例外として・・

ドラゴン・サボ・エース・麦わら・・

 

ステリー王豆知識

ゴア王国とは、ルフィ・エース・サボが幼少期を過ごした国。

ステリーはサボの”養子”の弟。

虎視眈々と王族との縁を狙い、

王女ナントカネットと結婚した。

元国王と王子の不審なしによって、数か月前王となった。

 

今回ステリーがガープに絡んだのも貴族のコネクションを求めての事だった。

将来天竜人になりたいと言う。

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク