前回のあらすじ

  

弦平戦は1敗2分けで副将の旭。

旭、負けは許されない。

しかし開始早々俵に小手を決められて焦る。

 


スポンサーリンク


 

なんとか引き分けに・・・

そう願うさくらたち。

 

2本目が始まる。

旭は焦る。

行かなきゃ、行かなきゃ。

もう時間がない。

インターハイが終わっちゃう・・・

最早平常心を完全に失ってしまった。

俵に面を取られてしまう。

 

茫然自失の旭・・・

まさかの、予選リーグ敗退確定!?

 

 

ここから305話

 


スポンサーリンク


やす子監督の言葉が現実のものに。

” 弦平は、早すぎた。 ”

 

旭、2本取られて敗退!

これで弦平戦は負けが確定。

我を失っている二ツ坂のメンバー。

しかし八十村将子だけは試合に向けて集中力を保っていた。

話しかけようとする旭にも

「黙れ。」

 

みんなの元に戻った旭は涙が止まらない。

 

旭が泣いている間に将子はスネに決めていた。

そして2本目。

将子が一方的に攻めて

面あり!

将子の2本勝ち!

 

2階席では

唯の涙が止まらない。

寧々は無表情・・・

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク