冒頭、回想から。

才蔵が森の中の川のほとりに佇む。

 


スポンサーリンク


 

光の当たらない

静かで暗い場所。

そこが光に背を向ける才蔵の生きる場所。

そしてしぬ場所。

 

そこに八郎や響、現たちが呼びに来る。

光の下へ連れ出そうとする。

「どうだ才蔵。

向こうで皆と一緒に釣りでもせぬか?」

 

才蔵はそれを断る。

いつもの決まり文句で

 

 

現在。

才蔵と現は果てのない廊下を走っている。

魔術でできた空間はどこまで続くのか・・

 

半里・・・

才蔵は半里先にこの空間の果てが視えるという。

「だが・・・」

 

才蔵の言葉が終わらないうちに現が喜んで話し出す。

これで涙や滑婆たちと合流して響も元通り。

八郎あたりが成尋衆を倒して一件落着。

後は八郎と響の双子結婚がなれば!!


スポンサーリンク


自分と涙の婚礼も認められて二人の蜜月が始まる。

この戦いに身を投じたのは全て愛のため!!

 

呆れた顔で現を見る才蔵。

現が羨ましいと言う。

 

そのことを叶えるにはいくつかの関門を超えなくてはならない。

前方に見える光。

あれがこの空間からの出口。

一つ、これから全力で走って響と共に脱出すること。

二つ、これから何が起こっても振り返ってはならない。

「俺が僅かでも刻を稼ぐ!!」

 

二人の背後には孔雀が迫っていた!

現の幻術で撒いたはずだったが・・・

 

孔雀の術・・・時の逆鉾。

孔雀はこれで才蔵たちの時間を逆流させて間を詰めたのだった。

実は他者にも使えた時の逆鉾。

道理で走っても走ってもこの空間を脱せなかったわけだ。

 

孔雀は二人の前に回り込んだ。

「さあ、どちらからしにます?」

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク