西邦対青道。

4回を終わって互いに無得点。

沢村と明石の投げ合いは息詰まる投手戦に。

先取点がこの試合のカギを握る!!

 


スポンサーリンク


 

5回表。

川上もアップを始める。

あれだけ飛ばしたら、さすがの沢村も後半きつくなるだろう・・・

 

誰に言われるでもなく、代わる代わるアップを始める青道の各選手。

特に3年生が気合入っている。

 

沢村、ランナーを背負っての投球。

外角高めにいいストレート!

空振り三振!

スリーアウトチェンジ!

この回も0点に抑えた。

 

その裏。

明石の力投が続く。

この回も0点。

 

6回表。

沢村、先頭打者をあっさりと内野ゴロに打ち取った。

凄い投げ合い。

西邦相手に御幸抜きで。

主力もベンチにいるし・・・


スポンサーリンク


この試合を成立させているのは間違いなく沢村。

 

次の打者は3番一之瀬。

さっき外のボールをいい当たりされている。

安易に外中心の攻めは通用しない。

奥村
(インコースへの見せ球も混ぜていきましょう。)

まずは外から。

 

沢村頷く。

しかし沢村の1球目はインコースへ!

 

一之瀬打った!

長打コース!

一之瀬は余裕をもって2塁へ。

「ようやく投げてくれたな。

甘い球を。」

 

沢村、やや制球が乱れてきたか。

 

次は4番明石。

打つ気満々である。

 

沢村の球が高めに浮きだす。

危ない・・・

 

沢村、表情にも疲れが見える。

明石
(わかるぜ・・

中盤のこの辺が一番疲れるよな・・)

奥村
(急に制球が・・・)

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク