前回のあらすじ

 

場地がしんでしまい、怒りが収まらないマイキーは一虎を殴り続ける。

それをタケミチが止めに入る。

「場地君はこんな事望んでねえよ!!」

 


スポンサーリンク


 

マイキーはタケミチを蹴り飛ばす。

その時タケミチの上着からお守りが落ちた。

これはタケミチが集会の時神社で拾ったもの。

このお守りにマイキーは見覚えがある様子。

ドラケンも、三ツ谷もそのお守りを見て驚く。

それはトーマン結成当時のお守り。

 

 

ここから63話

 

 

今回はトーマン結成秘話。

話は2年前の6月にさかのぼる。

 

場地のバイクの後ろにマイキーが乗っている。

場地、マイキーともに12歳。

今から集会場所の神社に向かうところ。

 

場地が乗っているバイクはゴキ(GSX250E)。

壊れて捨ててあったのを場地が自分で直した。

「オレのゴキが東京一だ!」

 

信号待ち中の場地の隣にドラケン(13歳)が止まった。

「は?東京一?

俺のゼファーは日本一だけど?」

 

ドラケンの隣に三ツ谷(13歳)が止まる。


スポンサーリンク


「オレの子猫ちゃん(インパルス)は世界一だぞ?」

 

一虎(12歳)も来た

「はいはいはいはい

重力圏内で争うなよ。

俺のロケット(ケッチ)は宇宙一だコラ。」

 

マイキーは眠そう・・・

 

パーちん(12歳)が涼しい顔で通り過ぎる。

「オレのCBX400Fが最強だよーー」

世界一とか宇宙一とかくだらない事言ってないで

武蔵神社まで競争な?

 

競争の結果は・・・

場地がダントツでビリ。

マイキーが寝てしまって落ちそうになり、スピードが出せなかったのだ。

 

神社に着いて、ようやく目を覚ましたマイキー。

ドラケン
「みんなに話ってなんだよ?

マイキー。」

 

マイキー
「ブラックドラゴン(黒龍)って知ってる?」

 

一虎がピクッと反応。

マイキーの問いに答えたのはドラケン。

メチャクチャヒデー奴らって噂。

確か3コ上。

 

マイキー
「なんで相談しねえんだよ、一虎。」

場地から聞いた。

ブラックドラゴンと一人でやり合ってんだろ?

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク