灼熱の大阪大会準決勝。

3回裏ツーアウトからセーフティで出塁した針生。

すかさず盗塁を決める。

 


スポンサーリンク


 

針生の意表を突くプレーに球場は大盛り上がり。

やられてる天津まで楽しそうにしている。

 

1人だけ苦々しい顔をしているのは狩野。

(誰一人・・・

俺の事見てへんやんけ!!)

 

天津は次の打者は三振にとる。

これで6つ目の三振。

大胆細心の制球で針生以外には1塁を踏ませていない。

 

DLベンチ。

信楽兄弟や長野も針生との勝負を楽しんでいる。

悪球打ち大爆走の次は2ストからのセーフティ。

 

まるで缶蹴りをしているみたい。

神社 竹藪 工事現場・・・

その場を制するために知恵を絞った。

自由で面白かった。

勝たなきゃならないじゃなくて


スポンサーリンク


勝ちたい!!

遊びたくて遊んでたわけだからおのずと五感がビンビンだった。

本能で野球を遊ぶ針生スチュアートJr.

おかげでこっちも楽しいわ!!

 

みんなが楽しそうにすればするほど不愉快になって行く可能。

「たいしたことあれへん あんなもん・・・

俺の方が凄いっちゅーねん・・・」

 

狩野は4回表の先頭打者。

目が血走っている。

針生に

” ド凡人やないか ”

と言われたのをまだ気にしている。

(針生と俺のどっちが天才か・・・

勝負したる!!)

 

結果は・・・

ボール球に手を出し空振り三振!

 

悔しがる狩野に針生は

「悪球ヒットする技術あれへんのにムリすな。

凡人は好球必打てデコに書いとけ!!」

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク