—-

 

開幕2戦目で先発した印西投手。

5回6失点で負け投手に。

試合後囲み取材を受ける。

 

—-

 


スポンサーリンク


 

不甲斐ないピッチングをしたことを詫びる印西投手。

記者たちの中から老山アナが進み出てくる。

「今日の印西投手は5回6失点。

昨日投げた凡田投手も5回6失点。

それなのに凡田投手には勝ちがついて印西投手は負け投手。

この結果にはどう思われますか?」

 

それについては何も考えないと話す印西投手。

 

その時小さな子供が

「オラオラ印西投手なさけないピッチングしおって!

東北民全員がっかりや~。」

といいながら走り抜けていった。

 

小島カメラマンが追いかける。

この子どもは恵ちゃんというらしい。


「印西トシや

もう引退して来年から議員やれ~」


スポンサーリンク


小島がつかまえた。

 

それでも恵ちゃんは叫ぶのをやめない。

「印西投手!

モチベーションや!

地元開幕を外されてモチベーションが下がっとった!

だから打たれたんじゃい!」

 

恵ちゃんは小島の手に噛み付き、再び逃げる。

その時恵ちゃんの前に立ちはだかったのは

ブルーノ!

 

さすがにブルーノのデカさにビビった恵ちゃん。

大人しくなった。

 

そこにマーズも来た。

マーズは恵ちゃんに

モチベーションなんて言葉をどこで教わったか聞く。

 

結局母親である老山アナが普段言っていることの受け売りだということが判明。

 

警備員が老山アナに苦情を言いに来た。

恵ちゃんはネット裏の砂かぶりに潜り込んで観戦しているという。

砂かぶりだと選手と同じ目線で、ピッチングが見られる。

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク