ヒロアカ ネタバレ 185話

  

前回発表されたヒーロービルボードチャートJP

 


スポンサーリンク


 

No.10 リューキュウ

No.9 ヨロイムシャ

No.8 ウォッシュ

No.7 シンリンカムイ

No.6 クラスト

No,5 ミルコ

No.4 エッジショット

No.3 ベストジーニスト(欠席)

No.2 ホークス

No.1 エンデヴァー

今回は受賞者挨拶から

 

まずはヒーロー公安委員会会長による挨拶。

今回このような場を設けたのは節目だから。

オールマイトの引退から3か月。

未だアイコン不在。

しかし、次代を担うヒーローたちと共に平和な社会を目指していきましょう。

 

2位のホークスがエンデヴァーにボソッと質問。

1位ってどんな気分なんスか?

 

続いて受賞者によるコメント

リューキュウ

辞退できるものならしたかった。

救えたはずの命があったから・・・

いただいたナンバーにふさわしいヒーローになれるよう、邁進してまいります。

 

クラストが涙ながらにリューキュウに賛同する。

「お前の自責の念はよくわかるぞ!

我ら立たねばならぬ!!

リューキュウ、頑張ろう!!」

暑苦しさも人気のクラスト。

 

ヨロイムシャ
「これからもやるべき事は変わらん。」

ウォッシュ
「ワッシャ!!」


スポンサーリンク


シンリンカムイ
「諸先輩方に恥じぬ働きをして行く所存。」

クラスト
「何故あの日

私は神野にいなかった。

その思いが未だ胸を締め付ける!!」

ミルコ
「今悪い事企んでる奴!!

私にぶっ飛ばされる覚悟しとけよ。」

 

さっきからつまらなそうな顔をしているホークス。

 

No.4のエッジショット。

支持率だけならNo.3だったが・・

数字には頓着しないと話す。

結果として多くの支持を頂いたことは感謝しているが、名声の為に活動しているのではない。

安寧をもたらすことが本質。

 

ホークス
「それ聞いて誰が喜びます?」

 

ミルコ
「いいぞ生意気だ!」

エッジショット
「相変わらず輪を乱すのが好きだな。」

 

ホークス
「我慢が苦手なだけですよ。」

支持率で言うとNo.1はベストジーニスト。

※休止による応援ブーストがかかるため。

2位が俺。

3位エッジショットさん

で、4位がエンデヴァーさん。

支持率が一番大事な数字だと思っている。

過ぎたことを引きずっている場合ではない。

やる事を変えなくては。

「象徴はもういない。

節目のこの日に、

俺より成果の出ていない人たちが

なァにを安パイ切ってンですか!

もっとヒーローらしいこと言って下さいよ。」

 

観客がざわつく。

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク