前回のあらすじ

 

萩原の推薦の件で須磨大から連絡が来た。

残念ながら今回は見送り・・・

 


スポンサーリンク


 

笑顔で気丈に振る舞う萩原だったが、

1人で更衣室に行くと

声を上げて泣き出した。

 

 

ここから171話

 

 

須磨大のイケメン水球部員二人が話している。

監督が萩原を採らなかったことを

木久多が非常に残念がっている。

代わりに決まったコがゴツくて悲しい・・・

 

御厨は違った意味で残念に思っていた。

萩原は、体は小さいけどいいセンスしていた。

水球しか知らなって感じもよかった。

 

 

練習中の萩原。

やっぱり推薦の件をまだ引きずっていて練習に集中できていない。

美好先生はそんな萩原を心配する。

 

ハマジの部屋。


スポンサーリンク


今日の萩原の様子を思い出して心配している。

(先輩がすっかり調子を落としてる・・・

やっぱ・・・

須磨大の件がショックだったのかな。

 

中島からメッセージが来た。

緊急事態!

明日、

非常招集をかける!!

 

 

翌日集まったのは遊園地。

中島、堀口、ハマジの三人のみ。

 

中島が話す。

今日、この遊園地に美好先生と数人の女子が遊びに来ている

という情報が塩田経由で入った(情報元は雨宮)

萩原を元気づけるため。

 

しかし!

男子には一言もなかった。

 

緊急招集の目的は女子を見つけ出し、

暗くなった後にライトアップされたお城を見ながら女子といちゃつくこと!

堀口
「いーなそれ・・」

ハマジ
(えー、無理っしょ )

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク