ドレファス一家の食事。

テーブルには豪華な料理が並ぶ。

 


スポンサーリンク


 

ドレファス1
「これをお前が作ったのか?

さすがはお父さんの息子だな!!」

ドレファス2
「・・・本当にうまそうだ。

すごいな、グリアモール。」

幼いグリアモール
「いつまでその格好しているの?

なんだか同じ顔が並んでいると・・・変。」

 

本物のドレファスがニヤニヤしている。

 

「こ・・こうか?」

フラウドリンが元の姿に。

なんかちょっと恥ずかしそう。

この姿が怖くないのか、グリアモールを気遣う。

 

グリアモールはちっとも怖くないという。

「さあ二人ともめしあがれ。」

フラウドリン&ドレファス
「いただきます!!」

 

家族で楽しい食事。

フラウドリンもお腹いっぱい。

 

 

3人で食後の散歩。


スポンサーリンク


グリアモールだけ先に駆けて行ってしまう。

「二人とも早く!」

 

フラウドリンがドレファスに聞く。

これは一体誰が見ている夢なんだ?

 

ドレファスはつまらないことを気にするなという。

俺たち3人の誰かがこう望んでいた夢。

・・それだけで十分じゃないか・・・?

「そうか・・

・・・・そうだな。」

 

向こうで手を振る幼いグリアモールの笑顔がかわいい!

 

——番外編2ここまで。

 

〇感想

フラウドリンが元の姿に戻った時ちょっと照れてたのがよかった。

グリアモールが怖がらない様に気遣ったのに、グリアモール本人は全然気にしていなかった。

それが嬉しかったのかな。

266話も併せて読んでみようとなっていたので・・・

266話のネタバレはこちらです。

http://comiclover.net/2804.html

 


スポンサーリンク