音羽 VS 聖蹟

試合開始直前

 


スポンサーリンク


 

下馬評は相変わらず聖蹟。

由比ヶ浜戦ではイマイチだったが

一星戦で化けた。

攻撃が面白い。

梁山線は泣けた。

水樹ヤバ過ぎ。

どんどん強くなっている。

もはや優勝候補。

タレントもそろってきている。

音羽の砂山も捨てがたい。

が、さばききれるか。

見所は砂山が聖蹟の攻撃にどこまで耐えられるか。

聖蹟が先制したら勝負は決まる。

 

うっすら雪が積もって来た。

グランダーはボールが止まる。

声をかけあっていかなくては。

 

一星、そして梁山を破った聖蹟か。

それともIH準優勝

砂山率いる音羽か。

 


スポンサーリンク


雪が降りしきる中、ベスト4進出をかけた準々決勝第一試合が・・

 

ピーッ

 

聖蹟ボールをつなぐ。

来須がボールをキープ。

マークも巧みなドリブルでかわす!

 

成神
「んーー

キレてるね、聖蹟。

フォローも速いし足も止まっていない。」

梁山戦の疲れは心配なさそう。

 

成神は聖蹟勝利を確信したかのような事を言う。

しかし犬童はそう上手くいくかなと言う。

 

来須にもう一人ついた。

囲まれる!

 

佐藤がボールをもらいに来た。

来須は、ここは安全にバックパスで戻す!

とボールを佐藤に出したが

佐藤の動きとかみ合わない!

ボールは転々と・・

速瀬が拾ってくれた。

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク