新シリーズ第2回

 

 


スポンサーリンク


 

冒頭は前回最後サクラの診察室に来た母娘。

妊娠に至る過程から。

 

この母娘は母子家庭(小嶋さん)。

母親は夜勤の時もあり、その時は娘(リカ)は夜一人で過ごすことになる。

この子は優等生・・・

のはずだったが

いつからか高校生の彼と夜遊びをするようになった。

 

そしてある授業中、リカはウトウト居眠り。

普段居眠りなどする子ではないのだが・・・

 

その後も食欲がなく

だるいなど、体調の変化が現れる。

風邪かと思って、母親と病院(小児科)に行ってみると・・・

妊娠が発覚。

医師から産科に行くよう指示される。

 

 

サクラの診察室。

坂上さんが来ている。

流産から一週間経って、だいぶ落ち着いてきたという。

しかし坂上さんの表情は冴えない。

 


スポンサーリンク


心配するサクラ。

「ご主人とは何かお話しされましたか?」

 

坂上さんはいいえと答える。

自分自身、これからの事を考えらない状態だという。

 

診察を終えて、坂上さんは夫に迎えに来てと電話する。

夫はあと20分くらいで病院に着くという。

 

待合室の小嶋母娘。

母親は頭を抱えている。

そして娘を睨みつけて

「ママがリカの為に一生懸命働いてた時に・・・

何してたのよ。」

学校や周りに何て言えば・・・

 

ここで前回最後の場面になる。

小嶋さん母娘ががサクラの診察室に入って来た。

 

診察して・・・

24週を越えていることがわかる。

母親は堕ろしてくださいというが

それは出来ない。

妊娠を諦めて中絶をすることができるのは22週まで。

お腹の赤ちゃんは明らかにその週数以上の大きさなので妊娠を中断することはできない。

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク