学校で皆で飼っている2羽のウサギのうち1羽が首をはねられてしんでいた。

泣く子供たち。

さつき先生は子供たちを教室に連れて行く。

ウサギの側には、ちがついたスコップがあった。

犯人はこれでウサギをころしたのだ。

まともな人間のすることじゃない。

 


スポンサーリンク


 

ウサギ小屋の中の足跡が消されている。

これは6月に起こる事件と関係があるのか?

心は佐野の家(駐在所)に電話をかける。

学校に来てもらおうと思ったのだ。

しかし、電話に出たのは和子。

佐野は田中さんの家に行って留守。

戻り次第学校に来てくれるよう言伝を頼む。

電話を切ると、さつき先生が近づいてきた。

実はこの、ウサギの事件は過去にもあったという。

田中さんの家を訪れた佐野。

田中さんはほぼ寝たきり。

玄関先で声だけかけて中に入る。

田中さんは布団の中から佐野を迎える。

なぜ来たのか聞く田中さん。

佐野は通りかかったついでと答える。

田中さん、最近はしんどくて町の病院までは行っていないという。

目もほとんど見えないので、家で詩を作る日々だそうだ。

布団のそばにはノートと鉛筆。

息子はいるが、週末に帰ってくるだけ。

平日の夕方に”孫ら”(鈴たち、音臼の小学生のこと)がきていろいろ世話してくれている。

給食の残りとかも持ってきてくれるらしい。

さつき先生も来てくれている。

昼間は村の人や、役場の人間が来るそうだ。

佐野が、車出すから病院に行こうといっても、田中さんは嫌だという。

理由は、子供らに会えなくなって寂しいから。

佐野は、これからは自分も介護を手伝うといい残して家を出る。

職員室。

心は、さつき先生に過去のウサギの事件について聞く。

以前4羽飼っていて、立て続けにころされた。

方法は

・最初はビニール袋に入れて窒息。

・次は紐で首をくくって。


スポンサーリンク


時期は、去年の夏休み。

子供たちには病気でしんだことにしたという。

さつき先生は心に、何か気になったことは無かったか聞く。

心は新聞配達の長谷川が子供に飴をあげていたのを思い出す。

教室に入った心。

生徒たちは皆うつむいてしまっている。

冴島真理が、犯人は誰か、心に聞く。

心はそれには答えず、明音と鈴に、新聞配達の長谷川から飴をもらってはいけないと注意する。

それに子供たちは猛反発。

長谷川を疑うなんて許せないといった感じだ。

田中さんの家。

放課後、子供たちがやって来た。

鈴たち、主に5年生だ。

長谷川もいる。

今日は給食に出た揚げパンを持ってきた。

田中さんは匂いを嗅いで

「いい匂いだ。」

学校でウサギがころされた事、

心が翼君(長谷川)を疑ったことを報告する。

心がすっかり悪者になっている。

そして一人の子が、田中のために薬を用意してくれる。

するとだれかが田中さんの耳元で囁く。
(田中さんはこの時もにおいをかぐ)

”ウサギは2羽・・・
1羽はお腹に赤ちゃんがいる・・
犯人が赤ちゃんがいるほうを生かした理由がわかる?”

田中さんは、赤ちゃんをころすのはかわいそうだと、犯人が思ったからと答える。

しかし囁きの主は

”違う・・・
赤ちゃんが生まれたらもっと遊べるから。

※当然田中さんは囁きの主の姿はぼんやりとしか見えていない。
しかし臭いでしっかり判別している模様。

——15話ここまで。

テセウスの船 16話に続く

〇感想

田中さん、嗅覚が鋭い様子。

目が見えないから臭いでいろんなことをを判別するのかな。

そこまで見えないなら詩を作るのにノートと鉛筆はいらないでしょう。

作るとしたらカセットテープに吹き込むとか・・・!?

そしてそれをノートに書き写してあげている人がいるのか。

それが囁きの主か・・?

でもこの人物は犯人ではない・・のか?


スポンサーリンク