土俵際、大典太の強烈な突きが鬼丸の顔面を捉えた!

鬼丸の体が大きく傾く!

鬼丸、土俵から落下直前に左手で大典太の腕をつかんだ!

そして大典太の首に右手を巻きつけて

首投げ奈落連

 

 


スポンサーリンク


 

頭から土俵外へ落下する鬼丸と大典太。

大典太
(・・・くそっ

気を付けてたつもりだったんだけどな・・・

右腕の投げ・・

捨て身技・・!)

 

2体ほぼ同時に落下!

危険な落ち方だが・・・

 

ズシャッ・・

 

軍配は西方!

物言いなし!

鬼丸の勝ちだ!!

 

レイナの顔が青ざめる。

凄い落ち方をした・・

 

先に起き上がったのは大典太。

大丈夫そう。

 

大丈夫そうじゃないのは鬼丸。


スポンサーリンク


ガクガク震えている。

もうボロボロ。

 

そんな鬼丸を見て大典太は

(ふつうはそんな限界までやれねえよ・・

鬼丸・・・)

こいつは俺が決めに行こうと踏み込むのをずっと待ってた・・

しかし焦って突きで決めに行ってしまった。

最後の最後で自分の四つを信じられなかった俺の負け。

 

大典太は鬼丸を引っ張って立たせてあげる。

まだ初日。

大典太は負けはしたが

優勝は諦めてはいない!

 

兄の大景勝は

弟が強くなったと感じている。

負けても上を見ている。

立派なプロの力士。

 

青い顔をしたレイナが引き上げる二人を見ている。

火ノ丸が勝った実感がない。

それくらい、

どちらが勝者か分からないくらい

ボロボロの火ノ丸。

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク