冒頭、回想から。

寮で奥村が御幸にナンバーズについて質問している。

 


スポンサーリンク


 

御幸の回答・・

まず種類。

使えないのもたくさんある。

捻りを加えたり

手首の角度を変えたり・・

でもそれだとえげつない変化もあるけど沢村自身が制御できない。

だから今はストレートと同じ手首を立てた球しか投げさせていない。

御幸
「オフのトレーニングで増した球威とキレ。

今はそのストレートこそが沢村一番の武器だと思ってるよ。」

 

 

西邦対青道。

7回表。

この回1点返されてスコアは 

西邦 1-2 青道

現在ワンナウトランナー1・3塁。

 

打席には1番バッター

奥村が出したサインは

 

インコースにストレート。

 

沢村
(まぁ・・・

これだけゾーンを外してると


スポンサーリンク


ナンバーズのサインなんて出せねーよな。

けど・・・

ピンチこそ強気に・・・

こういうリードには慣れてる・・・)

奥村に御幸のイメージを重ねる沢村。

 

西邦の監督
(ストレートやぞ・・

甘く来たらいったれ。)

 

沢村は状況確認。

内野ゴロでも1点。

外野フライでも1点。

どんな形でも同点。

残り3イニング・・・

(守りに入るな。

攻める気持ちを。

ここで追いつかれてもまだ同点。)

 

沢村投げた!

バッター、狙い通りのストレート!

だが、打ち上げた!

セカンドフライ。

サードランナー動けず!

ここにきてストレートが手元で伸びた!

これでツーアウト。

 

青道ベンチが活気づく。

ナイスボール!

流石やで!

さぁここから!

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク