前回のあらすじ

 

ビデオカメラを取り出した水野。

互いに教え合って

刺激し合うことで

より高い学習効果が期待できるという。

 


スポンサーリンク


 

説明のし方は

結論や要点を伝えて

理由を伝え

具体例で補強し

再び結論や要点を伝えるという展開。

 

まずは早瀬からやってみる。

テンポがよくて要領も掴んでいるが

説明が短い!

 

 

ここから20話

 

 

早瀬の関係詞に関する説明が終わる。

殆ど動画の内容をそのまま話しているだけ。

しかし当の早瀬は手ごたえがあった模様。

 


スポンサーリンク


水野と宮村先生の評価は・・

型通りやってそれで満足しちゃってる。

自分が理解するという本来の目的を忘れてる。

 

次は天野。

しょっぱなからすごく緊張している。

天野
(順番を間違えずにきちんと・・・)

話し始める。

まず、前置きが長い。

説明に入ると・・

要点をボードに書き出してなかなかいい。

しかし具体例を出して補強という段階になると

段々支離滅裂になっていく。

自分でも収拾つかなくなって・・・

結局がっくりうなだれて終了。

 

今日はこれで終わり。

録画した映像を編集して、後日改めて検証。

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク