第2セット開始前、烏野のミーティング。

烏養コーチの話。

 


スポンサーリンク


 

さっきのお見合いはミス。

全員が攻撃準備に気を取られたミス。

サーブのアウトとかネットもミス。

 

例えばピンチの時、

強いサーブで攻めるのか

ミスを避けて入れていくのか選ばなきゃいけないみたいに見える。

でもそうじゃない。

正解は 強いサーブを外さない だ。

それで、さっきの正解は

あのチャンスボールを拾ったうえで全員で攻撃。

 

最終的な目的はいつも一緒。

多人数の攻撃へもっていき

殴り合いを制すこと。

どう持っていくかで迷うのはいい。

殴り合いを制すこと自体には迷うなよ。

 

 

現在 音駒 4-6 烏野

東峰のサーブ。

これはアウト。

東峰はサーブトスが流れたことを反省する。

 

音駒 5-6 烏野

黒尾サーブ。

強いいいサーブ!


スポンサーリンク


東峰がレシーブ。

影山に託す。

 

影山はツーでいく!

これは夜久に拾われる。

研磨、返すだけ。

ここでもお見合い狙いをしてくる!

これは澤村が冷静にレシーブ。

チャンス!

 

シンクロ攻撃!!

 

影山は田中にトス!

田中は決めた!

これで 音駒 5-7 烏野

 

黒尾
「さっきのお見合いでもうちょっと迷ってくれると思ったのにな。」

研磨は、烏野は印象よりずっと冷静に考えていると評価。

 

猫又監督は

強い奴は常に新しくなりつつも芯は持っている。

烏野の芯は攻撃の意思。

簡単には揺らいでくれない。

と言っている。

 

リエーフがスパイクを決めて

音駒 6-7 烏野

 

福永サーブ。

日向狙いの短いサーブ。

影山は西谷を指名。

 

西谷がとって

日向横移動

影山のトスは・・

田中!

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク