グループステージ第三戦(最終戦)

VS 中国

 


スポンサーリンク


 

孟盛(モンシアン)のヘディングで中国先制!

と思われたがシュートの前に孟盛がファールしていた。

ノーゴール!!

日本助かった!

 

ゴール前の競り合い時、孟盛がフリーになる為に秋森を突き飛ばしていた!

 

孟盛、これもリーグで見た南米選手の荒いプレーをまねたもの。

しかしモレッティ監督は

ストライカーはそのくらいの方がいい時もある

という。

 

実際、さっきまで覇気のなかった中国選手たちの表情が良くなってきた!

他の選手が孟盛に声をかける。

惜しかった!

ゴール狙える!

 

孟盛は、もっと自信を持ってプレーしようと皆を励ます。

いつも通りやれば日本にだって負けないと監督も言っていた。

 


スポンサーリンク


選手たちは監督の言う事は胡散臭いけど、孟盛が言う事なら信用できるという。

 

中国のプレーが良くなってきた!

いい守備からカウンター!

速いぞ!!

 

孟盛も上がってきている!

秋森が孟盛へのパスをカット!

ナイスだ!

 

中国のCK

 

中国が攻めている。

孟盛の惜しいシュートから空気が変わった。

決定機までは持ち込めていないが

鋭いカウンターからの得意のセットプレーに結び付けている。

 

コーナーキックからのヘディングシュートはキーパー上川がキャッチ。

身長がある与木がよく競った。

 

椿
(日本も高さのある選手で対応はしているけど・・・

この状況が続いてたらいずれやられかねないぞ・・・)

 

このとき窪田が椿に近づいてきてアイコンタクト。

椿にも伝わった模様。

 

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク