音羽 VS 聖蹟

0-0

君下が右サイドに回って、聖蹟がリズムを掴んでいる。

君下が右サイドにいるのは音羽にとって脅威。

精度の高いクロスを連発される・・

 


スポンサーリンク


 

そして君下と入れ替わったのは、つくし!

音羽のカウンターのチャンスをインターセプトで阻止!

中野
「リトル加藤。」

加藤「んん?」

 

取ったらはたく!

つくしは佐藤へパス!

 

佐藤は迷わず縦パス!

バイタルエリア!

 

君下にはマークが張り付いている。

中央トップ下!!

君下の代わりは来須!!

 

音羽は二人がかりで来須に当たる!

厳しいか!?

 

君下は開いたまま!!

来須はキープを続ける!

梁山戦では加藤相手にキープできた。

加藤
「不思議とボールが取れないぃ。」


スポンサーリンク


 

来須、まだキープ!

そしてサイドの君下に繋げた!

君下はフリー!

 

保科
「柄本のボールスティーラーとしての開花と

来須のボールキープのレベルアップ。

この戦術は二人の成長がもたらしたものだ。」

 

聖蹟のプレーが合ってきた。

ビジョンのズレが解消されたかなと呟く成神。

 

犬童はそうではないという。

これは新戦術。

梁山戦ではなかった。

聖蹟の個々のレベルアップで、いままでの器では収まらなくなってきた。

そこで用意したのがこれ。

中一日で新戦術は、当然リスクはあるが・・

聖蹟の首脳陣はそういう甘えを許さないんだろう。

次々に出てくる新しい戦術が、常に選手の力を最大まで要求し続けるがゆえに

聖蹟はどのチームより速く進化する!!

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク