シリーズ養子縁組第5話

 

 


スポンサーリンク


 

坂上さんはエレーネホーム乳児院を見学させてもらう。

中に入って驚いたのは・・・

ピアノの演奏をしていたのはペルソナの鴻鳥先生だった!

 

子供たちに囲まれて楽しそうに演奏している。

 

サクラは演奏を中断して坂上さん夫妻と話す。

坂上さんが里親と特別養子縁組について児童相談所で聞いてきたと聞いて・・

サクラは特別養子縁組の、行政機関と民間団体の違いについて話す。

まず、特別養子縁組を結ぶまでの流れは民間団体の方が早い。

なぜなら、民間団体には、予期せぬ妊娠や子供を産んでも育てられない女性が直接相談したりするから、妊娠中すでに養親が決まっていることも多いから。

 

それに監護期間は民間団体の方が平均的にやや短い傾向がある。

 

行政と民間との一番の違いは費用面。

行政の場合は、里親研修・・

審査や子供のあっせんに関わる費用は税金で支払われるので負担はほぼない。

民間の場合はそれらが全て養親希望の方に実費でかかってくる。

高額な費用がかかる場合もある。


スポンサーリンク


審査までの速さなど、民間団体の良さもあるので、どちらがいいかは一概には言えない。

 

ただ・・・

サクラ
「どんな子供でも、幸せに育って欲しいと思います。

ここの子もみんな僕のカワイイ後輩ですから。」

 

サクラがこの乳児院で育ったと聞いて驚く坂上さん夫妻。

 

小さな女の子が坂上さんの奥さんの手を握ってきた。

「ママだ。」

 

ここの施設の子の中には、

知らない大人を見ると、自分を迎えに来てくれたママやパパだと思う子がいるという・・・

 

坂上さんは涙ぐんで・・・

「いっしょに遊ぼっか?」

女の子
「はーい。」

 

 

小嶋リカがベイビーのCDを聞いている。

まだ小さかった頃、両親にベイビーのライブに連れて行ってもらってファンになった。

その日から、いつかベイビーみたいに弾けるようになりたくてビアノを練習した。

 

リカが大きくなって・・・

父親の浮気がバレて両親が離婚。

父親が出て行った日は部屋で一人泣いた・・・

 

そっとお腹に手をやる。

最近結構動く。

母親に、気持ち悪いと言われたことが忘れられない。

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク