すこし前にさかのぼり・・・

レウウィスの爪で腹を貫かれてダメだと思ったエマが立ち上がったところ。

レイたちは一斉射撃を続けている。

 


スポンサーリンク


 

オジサンはエマが持っている銃に気づいた!

あの銃は・・

閃光、催涙、捕縛ネットあと、音だか何だか出せるってヤツ・・

 

レウウィスはあの銃を知らない。

いや、奴の性格なら知ろうともししない・・

目が見えるようになり、感覚が戻った今なら、奴はこの銃弾の雨をよけずに掴んで止める。

紛れ込んだ異物(閃光弾)に気づいたときはもう遅い。

奴はあの閃光を阻止することも、銃弾をよけきることもすでにできない。

どうあがいても食らう。

今度こそ急所を狙える!

 

人間の勝ちだ!!

 

負けを悟ったレウウィス

嗚呼・・


スポンサーリンク


「やはり人間は良い。」

 

ズドン

 

レウウィスの眉間にオジサンの放った弾が命中!

レウウィスは、これまでの出来事を走馬灯のように思い出す。

 

レウウィスが頭部から大量の血を流して倒れた・・・

 

レイやナイジェルは叫ぶ。

「倒したぞ!!

やった・・やったァ!!

自由だ!!」

 

エマ
(これで密猟場がおわる。

みんなの怯える毎日も・・

オジサンの13年の苦しみも・・

これで終わる。)

 

レウウィスのパンチをもろに食らって家に叩きつけられたアダムは・・

軽傷。

 

レイは驚く。

あの衝撃を受けて軽傷なんてありえない・・

一体何者なんだ?

 

アダムの無事を喜ぶエマだが、本人が重傷。

ここで力尽きて倒れてしまう。

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク