前回のあらすじ

 

9号車が遅れ出した。

フロントタイヤのタレが思ったより早かったという相庭。

 


スポンサーリンク


 

けどリアのトラクションは問題ない!

7番ちゃんのキッスは手放すつもりはない!!

 

3位グループのペースが落ちてきて現在6位の赤羽も追いつける見込みが出てきた!

 

ヤジキタ兄妹にカナタが食らいついている!

 

京子先輩は2年くらい片想い中・・・

 

3号車ドライバーの大石大吾。

一つ前のポルシェに仕掛け所を考える。

 

 

ここから34話

 

 

現在9位の大石大吾。

ランボルギーニの名にかけても、いつまでもポルシェの後ろにいる訳にはいかない!!

8位はJテイラー

 


スポンサーリンク


大石は1号線最高地点先の短いストレートで行く予定。

エンジンは5.2リッターV10

破壊力十分!!

 

湖畔でやじきた兄妹に追いついたカナタだったが、ここにきて離されてきた。

セクター2後半のこの上りはけっこう勾配がキツイ。

 

ブースのオガタは・・

馬力不足がどうにもならないと感じていた。

バランスが大事とは言うけど、それは馬力がともなったうえでのバランス。

馬力が欲しい。

俺たちには馬力が必要なんだ!!

 

 

先頭が今1号線最高地点を通過。

二番手は石神。

その後ろから3いグループ。

9号車相庭

5号車坂本

同じ4WDのカテゴリーだが5号車にはミッドシップハンデがある。

なかなか抜けない。

(アウディR8 Coupe V10 plus(改))

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク