前回のあらすじ

 

タケミチは三ツ谷にトップクを仕立ててもらった。

 


スポンサーリンク


 

そしてそのトップクのお披露目の集会。

壇上にはマイキー、そして千冬と半間も上がった!

ドラケン
「今日の集会は荒れんぞー。」

 

 

ここから69話(漫画では70話)

1話ズレています・・

 

 

半間が壇上に上がったことで会場はざわつく。

なぜトーマンの集会に芭流覇羅の半間が?

 

マイキーに、この集会で話があると言われていたタケミチ。

マイキーの意図がわからない。

 

まずはマイキーの話。

血のハロウィンでは、芭流覇羅約300 対 トーマン約150

圧倒的不利の状況下で勝利できたのは、全員の頑張りによるもの。

 

続いて、半間から挨拶。

今回の敗戦を受けて、芭流覇羅はトーマンの傘下に下るという。


スポンサーリンク


 

全員驚く。

しかし少し考えて・・

トーマンが450人になるという事。

これは凄い事。

ワクワクしてきた。

トーマンバンザーイ!と叫ぶ者も。

 

喜んでいられないのはタケミチ。

傘下に入るというのは合体と同じこと。

血のハロウィンでは、マイキーは一虎をころさなかったし、トーマンは勝ったのに・・・

 

半間は続ける。

今回の件で、自分とマイキーをつないでくれた奴がいるという。

それは・・・

稀咲鉄太!!

 

タケミチの顔から血の気が引いていく。

場地に耳元で

” 稀咲は敵だ ”

と聞いていたからだ。

 

乗っ取られる・・・

 

タケミチはそう思った。

マイキーと半間と稀咲が手を重ねている。

その光景に恐怖を覚えているタケミチ。

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク