エスタロッサの闇が壊れ始めて天使の翼が見えてきた!

 


スポンサーリンク


 

魔神族のエスタロッサになぜ女神族の翼が・・・

疑問を口にするキングにゴウセルが答える。

「魔神族のエスタロッサは端から存在しない。」

あれが彼の本来の姿。

<四大天使>マエルだ。

 

サリエルとタルミエルは動揺を隠せない。

 

マエル
「私は・・・

悪夢を見ていたのか・・?」

自分を取り戻したマエルは、自分の髪に違和感を覚える。

リュドシエルをまねて長い髪にしたはずなのに、短くなってしまっている。

 

マエルは子供の頃からの記憶をたどる。

子供の頃のマエルはずっと兄のリュドシエルに憧れていた。

それで髪型も真似た。

兄さんに褒められたい一心で魔神族と戦い続けた。


スポンサーリンク


 

リュドシエルはマエルに話す。

魔神族をころすことは罪ではない。

不浄の檻に囲われた魂を救う正義に他ならないと。

 

その言葉を胸に、マエルは数えきれないほどの魔神族をころした。

そしていつしか最強の<四大天使> しの天使と魔神族に畏れられる存在となった。

 

兄が喜んでくれる・・

マエルにはそれが嬉しかった。

それなのに・・・

ひそかに想っていたエリザベスは魔神族のメリオダスを選んだ。

そのことがマエルの胸をえぐった・・・・

そんなとき、マエルの自我がおかしくなっていく・・。

” 私はエスタロッサ・・・ ”

と口にし、さらに

<四大天使>マエルを討った。

魔神王が父

と話す。

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク