対満附戦。

8回表 0-0

ワンナウト1,3塁で狩野が2塁へゆっくり歩きだした。

 


スポンサーリンク


狩野
「1点取られるか併さつ取られるか。

1,3塁はホンマおもろい。

ちょっと間甲子園忘れて高校生らしく遊んだろ。」

 

満附のキャッチャーは無駄にボールを回さず、相手動くまでボールキープする方針。

 

3塁のルイージ

(今日不発のモアイには託さず・・

俺らの足で点稼ぐと・・・

自分を生贄にしてパイセンに花束を・・・

成長したやんけ大将・・・)

 

現在の状況

8回表 0-0

ワンナウト1,3塁

満附としては、三塁ランナーをホームに還すのはNG

理想は1塁ランナーを挟さつしてツーアウト3塁。

最悪、前の塁に戻してワンナウト1,3塁。

 

DLとしては、1塁ランナーが挟まれているすきにホームを狙いたい。


スポンサーリンク


無理なら1塁ランナーを一つ進めてワンナウト2,3塁。

 

ルイージ
(ホーム生還はあいつにかかってる・・・)

狩野とルイージはアイコンタクト。

いつでもええぞ・・・

 

狩野の現在位置は1塁と2塁の中間あたり。

 

満附1塁手は、投げなくていい。1,3塁でOKと言っている。

 

1塁ランナー狩野は突如2塁へダッシュ!

キャッチャーはルイージを牽制して2塁側のショートへ送球。

ショートはルイージを睨みつけてベースにくぎ付け!

そして狩野を1塁側に追い込んだ!

ルイージが様子をうかがう。

 

ルイージの思考

守備が自慢の満附

しかし1点を争う展開でへとへとなハズ。

圧をかければミスは出る!

 

ルイージはホームへ突入!!

1塁手すかさずホームへ送球!

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク