前回のあらすじ

 

みきおは臨時教員だった田村心と心がそっくりだという。

そして来週の24日の音臼村の慰霊祭に心を誘う。

 


スポンサーリンク


 

鈴はみきおと介護の仕事を通じて知り合った。

それから加害者家族として身分を隠してサポートするようになった。

 

心は慰霊祭に集まる関係者に色々と聞いてみたい。

しかし自分は無理。

そこで新聞記者の岸田由紀に電話して力を貸してほしいと話す。

 

 

ここから49話

 

 

心が帰り、鈴が心を送りに行った後の木村家。

木村さつきは鈴(藍)・心の兄妹に並々ならぬ不信感を抱いている。

藍は一人っ子だと聞いていた。

それに二人は似ていない。

「藍ちゃんはなにか隠しているとしか思えない。」

 

このさつきの言葉を帰って来た鈴は玄関の外で聞いてしまう。

 

さつきは続ける。

明らかにおかしい。

みきおと籍を入れようとしないし、弟がいることも隠していた。

それに心さんにはどこかで会った気がする・・・

 


スポンサーリンク


みきお
「音臼小の臨時教師でしょ。」

 

ようやくわかったさつき。

そう言えば下の名前も一緒。

あの時、アイツが来てから村でおかしなことが起きるようになった・・

「アイツは疫病神よ!」

 

みきおが話す。

あの臨時教師をクラスのみんなは陰で ” ジョーカー ” と呼んでいた。

時に幸運を・・

時に不幸をもたらすジョーカーみたいに、あの人が来てから村に色々な事が起きはじめた。

まさか藍の弟が同一人物であるわけないけど・・

「何か不吉な予感がするよ。」

 

そう言いながらみきおは慰霊祭の案内状を見ていた。

日時は平成29年6月24日(土)PM2:00

遺族会代表は西脇文蔵

 

心と由紀が待ち合わせて喫茶店に入った。

向かい合わせに座って、心は由紀の顔をじっと見てしまう。

妻の由紀と思ってしまう。

 

心は由紀の左手薬指にしてある指輪について質問する。

その、おばあちゃんの形見の指輪・・・

海に行った時なくしたやつ、どこにあったの?

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク