夏生の部屋で一人待つ芹沢。

しばらくして夏生が帰って来たが、なんと、ルイも一緒!!

びっくりして芹沢はベッドの布団の中に隠れてしまった!!

バレたら修羅場の大ピンチ!!

 


スポンサーリンク


 

ルイが真剣な顔で

「ちょっと話があるんだけど・・」

と切り出す。

 

と、芹沢のトートバッグにルイが気付く!!

 

しまったああああ

大量冷や汗の芹沢。

とっさに靴は隠したけど荷物の事はすっかり忘れてた。

万事休すか!?

 

ルイがバッグの中を見ると・・・

タッパーに入った食べ物。

 

夏生は、

じゃあ多分隣の桑名さんだ。

という。

窓も空いているし、食えって置いて行ったんだと思う。

 

窓の鍵をかけていないことにルイは驚くが、この件はこれで終わり。

 

とりあえず二人は座って、夏生が珈琲を淹れてくる。

しばし雑談する二人。

 

二人の会話を聞いている芹沢。

甘い、恋人同士の時間・・・

私が憧れてやまない・・・

きっと二人は幾度となくこんな時間を過ごして・・


スポンサーリンク


そしてこのベッドでも・・

?このベッド?

そういえばここは藤井君が普段寝ている場所。

つまり今の状況って・・

藤井君との間接〇〇Xなのでは・・!!

 

ルイの話は、海外研修の件。

コールトン東京のホテル内に新店舗を出すので、そのための修業的な意味合いでニューヨーク行かないかと言われている。

1年以上帰れないかもしれない。

入院中には言えなかった。

いまでも迷ってる。

 

夏生
「確かに会えないのはキツイ。

でも、それを理由に行かないって言う選択肢はナシだと思う。

迷ってるって事は行きたい気持ちがあるんだろ?」

 

夏生は、ルイがそれを思いとどまる原因に、自分がなるのは嫌だと話す。

もし逆の立場で、ルイの為に小説諦めろと言われても諦められないし。

二人の関係をそういう枷にしちゃいけないと思う。

 
夏生なら、そう言うんじゃないかって思っていたと話すルイ。

夏生はだったら・・というが

 

ルイ
「あたしが離れるのヤなの!」

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク