前回のあらすじ

 

萩原の水球の調子が戻って来た!

 


スポンサーリンク


 

ハマジに言われた

”先輩が水球やってる姿が好きで・・

先輩の水球・・

もっともっと見たいって思ってます・・”

の言葉が励みになっている!

 

篠崎がハマジと付き合っちゃえばといっても、

萩原は、今は水球に集中したいという。

 

新学年になり、クラス替え。

ハマジは2年4組。

ハマジが新しいクラスに入ると、速水がいた!!

 

 

ここから174話

 

 

教室のドアを開けたところに速水がいた!

ちょっと気まずい空気・・・

ハマジが

「ど・・ども・・・」

と声をかけると、速水は俯いてすれ違った。

 

ハマジ
(オレと速水が同じクラス・・!?


スポンサーリンク


マジか・・・!!!)

 

 

体育館での始業式。

速水の斜め後ろにいるハマジ。

やはりちょっと気まずい。

でも自分は普通にしていようと決める。

嫌いになって別れたわけじゃないし。

 

別れの時の速水の言葉を思い出す。

ハマジ君が大好きと言ってくれた。

” でも、多分ハマジ君は今のままの方がいいと思う・・・ ”

もう会わない方がいいね・・・

あたし達・・・

 

今のままのほうがいい が何を意味するのか分からないハマジ。

 

速水がハマジをチラッと見た。

ハマジ
(なんだ・・・?今の・・・

今・・・なんで速水は俺を見たんだ・・?)

実は俺の気にし過ぎで、気まずいと思っていたのは俺だけか・・?

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク