冒頭、シャオメイというチャイナドレスを着た少女が登場。

何者かはいずれわかるとのこと。

 


スポンサーリンク


 

前回、急に話が2万年後に飛んだりしたけど気にしないでと言っている。

大した意味はない。

「そう・・・

この物語において・・

” 時 ”はあまり意味を持ちませんの。」

 

 

ここまでの話のまとめ。

レベッカとハッピーとシキは宇宙の女神 ” マザー ”を目指す!

そのためには船を入手しなくてはならない。

船を求めて惑星ノーマにやって来た。

そこでレベッカとハッピーは、かつての恩人・ワイズ博士に会うはずだった。

 

そして今、博士と同姓同名の

ワイズ・シュタイナーと名乗る若い男に銃を突き付けられている。

 

目的を聞くので、レベッカがワイズ博士に会いに来たと言っても若ワイズは聞く耳を持たない。

 

「シビルの手下どもか。」

と、勝手に決めつける。

 

その時、シキが2階に人の気配を感じる。

すると2階から機銃を乱射される!

 


スポンサーリンク


シキが天井に張り付く!

そしてワイズの透視眼鏡で敵の居場所を特定!!

 

魔械流 重拳!!

 

天井に穴をあけて敵を攻撃!!

 

その隙にワイズはバイクに乗って逃走。

 

シキが捕まえた男は

「お前らワイズの仲間か・・・

ワイズに伝えとけ。

俺たちを裏切ったものを

鉄腕のシビル様は絶対に許さねえ。」

 

すごまれているのだがシキは笑ってしまう。

ワイズの透視眼鏡をかけたままなので男が全裸に見えるから。

 

 

大きな川に浮かぶ水上レストランに食事に行った3人。

シキは地下を川が流れていることに興奮して窓ガラスに張り付いている。

 

レベッカはブツブツ文句を言いながら食事をほおばる。

博士に船を貸してもらう予定だったのに、博士はいないし変な奴に襲われるし。

でも地底料理はおいしい!!

 

シキはアイツが博士じゃないかという。

名前が同じだったし。

レベッカが持っている老人のワイズ博士と似ているし・・・

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク