徳永コーチと菊水コーチが夏之介と印西を呼び出している。

 


スポンサーリンク


 

ローテを入れ替えて

印西→中5日

夏之介→中7日

でやった結果の振り返り。

 

奇しくも二人とも

初戦5回6失点

2戦目 5回2/3 3失点

初戦は

凡田 〇

印西 ●

 

2戦目は

凡田 ●

印西 〇

 

全く同じ内容で勝ち負けがたすき掛けについた。

勝ち負けは打線次第ということか。

 

二人とも防御率は7.59

もうちょっと頑張って欲しいところだが・・・

まあ、30代コンビで2勝2敗 勝率5割なら・・・

徳永
「カントクはオマエらふたりを当分はローテで回していく。

次からはふたりとも基本中6日でいく。」

 

 

印西と夏之介がクラブハウスの廊下を歩きながら話す。

当分ローテと言ってもらえたものの、防御率7.59の投手はこれから巻き返さないとヤバイ。

 

夏之介は、心の中で反省する。

数字上印西と同じという事は自分の方がダメだったということ。

印西は中5日で自分は中7日。

休養たっぷりと見られてもっと高いパフォーマンスを期待されていたはず。

 

前回よりは気合を入れていたので、5回まではうまいこと抑えられた。


スポンサーリンク


抜きどころも作らなきゃ長持ちしないと思って、そういうのもやった。

でも・・

それでも6イニングス目は明らかに疲れていた。

腰も足も腕も重いと感じて投げていた。

その前のイニングで抜いて成功していたのもよくなかった。

疲れていてもどこかで行けると思ってしまった。

「やはりピッチャーだ。

ピッチャーが打順に入っていないことが徐々に・・

ボディブローのように効いて来て・・」

 

印西は、黙っていた夏之介が急にしゃべりだしのでびっくりする。

夏之介、心で思っていることが口に出てしまった。

 

印西は少し笑ってから、

そうか・・

そんなこと考えるのか・・・

と、呟く。

 

印西は最初からパリーグだからそんなことは考えないという。

指名打者は当たり前のものだから。

 

そして、その逆は感じることはあるという。

交流戦になるとセリーグ主催の試合は楽な感じがする。

ピッチャーが打席に入るから。

 

印西は続ける。

パリーグの投手は毎試合9人の打者と戦っている。

8人の打者としか戦わないセリーグの投手よりは大変といえるかもしれない。

セリーグとパリーグに差があるとは思わないけど・・

パリーグのピッチャーは知らず知らずのうちに鍛えられているのかもしれない。

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク