時は遡って2031年12月。

ミネルヴァ(ジェームズ・ラートリー)の遺志を継ぐ者たちがピーター・ラートリーによって処刑された・・

 


スポンサーリンク


 

そして現在。

2046年3月。

ピーター・ラートリーから現場の指揮を任されているアンドリューはあるシェルターにたどり着いていた。

部下に 1人も生かすな という命令を出してシェルター内に踏み込ませる。

しかしそこはもぬけの殻。

 

 

ぴったり6時。

B06-32

シェルターの朝は鐘の音で始まる。

クリスがフライパンを鳴らして皆を起こして回る。

ここでの暮らしも1か月半。

現在家族63人。

みんな仲良く、楽しくやっている。

料理も、掃除も、食料調達も仕事は分担制で協力している。

 

アダムも小さい子の人気者になっている。

アダムはずっと63194(エマの番号)を唱えている。

 

エマとレイとユーゴが隠し部屋にいる。

電話が一台設置されており、支援者からの連絡を待っている模様。

 

支援者に電話をかけたのが7日前。

本当に支援者が出るのか、


スポンサーリンク


もしかしたら支援者はもうころされていて、

支援者のふりをして敵が出る可能性も考えられた。

 

回線を復活させることでここがバレる可能性だってある。

 

ユーゴが説明する。

ミネルヴァさんはその辺のことも教えてくれている。

リスク回避の方法・・・

・シェルターへの帰り道、痕跡を残さないこと

・シェルターの出入りには気を付けること

ここに来るとき、みなその通りにした。

・このシェルターの回線んも外から探知できないように仕掛けがしてある。

・ダミーのシェルターもいつくか用意してくれている

・互いを確認する合言葉も指定されている。

 

もちろんそれでもリスクは残る。

それでもトライする価値はある。

エマ
「支援者がいたら助けてほしいし、すでにいなかったらその分他の策を考えなくちゃ。」

 

ではどうすれば連絡が取れるのか。

 

隠し部屋の電話から指定された番号にかける。

そうしたら24時間以内にかけ直してくれる。

はずだったのだが・・・

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク