前回のあらすじ

 

幹部会に稀咲が登場。

皆深々と頭を下げる。

 


スポンサーリンク


 

稀咲は千冬とタケミチをつれて別の店に移動。

酒を飲んでしばし談笑する3人。

しかしタケミチは急に眠くなってしまった!

タケミチが目を覚ますと、椅子に縛り付けられていた!

 

 

ここから73話

 

 

タケミチが隣を見ると、千冬も椅子に縛り付けられていた。

そして顔がはれ上がり、口から血を流している!

 

タケミチと千冬は睡眠薬を盛られたのだ!

タケミチと千冬の前に立っている稀咲。

 

稀咲は、千冬のことを鬱陶しい奴だという。

未だに12年前のことを忘れず噛み付いてくる。

「場地圭介の復讐か?」

 

稀咲は千冬の腹を蹴る。

 

稀咲は、裏切って警察に密告したのはタケミチと千冬だと思っている。


スポンサーリンク


 

千冬は、密告のことは知らないと話す。

オレの目的はてめえをトーマンから追い出すことだけ!!

今のトーマンは腐ってる。

俺はそれを変えたいだけだ。

 

千冬は、裏切り者は自分だと話す。

タケミっちは関係ねえ!!

 

タケミチは、千冬が12年経った今でも一人で場地の仇をとろうとしていることに驚く。

 

ここで稀咲は銃を手に取り、タケミチの太ももに向ける。

「てめえ、さっきから何 自分は関係ありません って顔してやがんだ?」

 

ドンッ

 

稀咲はタケミチの太ももを撃ち抜いた!!

 

叫ぶタケミチ

脚がああぁぁぁぁあ゛あ゛

 

千冬が、タケミチは何も知らないと叫ぶと、

今度は銃口が千冬の頭に向けられる。

稀咲
「言い残したことはあるか?」

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク