前回のあらすじ

対満附戦。

9回裏 DL 2-0 満附

 


スポンサーリンク


 

楠の考えに狩野は気付いた。

ニンマリの狩野。

 

三振獲りたい天津。

放り込みたい針生

同点の本塁踏みたい1塁ランナー

1塁走者はツーアウトだから全打席ゴー

おのずとリードもデカくなる。

狩野
(さすが楠さん・・

三者の欲を利用する気か・・・)

 

天津の渾身のストレートがインハイへ!!

針生空振り!

楠はファーストへ矢のような送球!

 

 

ここから167話

 

 

リードが大きかった一塁ランナーは戻れない!

狩野がタッチしてアウト。

 

遂に決着2-0

DL、し闘を制して決勝進出!

スタンディングオベーションで観衆が両チームを称える。

 

万年と笛吹が話す。

残酷・・

あの一塁走者一生傷残る。


スポンサーリンク


猿のケンカだと思っていたけど、人間が混じっていた。

あの狩野が正捕手を取れなかった。

DLの頭脳はあのソバカス。

「同じポジションとしてどう思いまんねん?」

と笛吹が万年に聞く。

「ワンマンチームの限界。

気づくのが遅いわ 針生君。」

 

満附のベンチでは皆泣いている中、針生だけ飄々と口笛を吹いている。

その針生に次の試合の準備で入って来た快苑・万年がチョコレート菓子をあげる。

 

針生は受け取って

「皆でキャンプファイアーしてくるわ。」

 

帰りのバスで針生は

ガチで目指すか・・甲子園

と思っていた。

 

 

午後4時30分

大阪府富田林市

DL学園高校

 

DLのメンバーはプールで休養していた。

飛田と丸井から快苑の準決勝の結果報告が上がって来た。

報告書はたった9文字。

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク