前回のあらすじ

 

桜木は

なぜ日本の学校教育は受験を基準に形成されているのか

を説明する。

 


スポンサーリンク


 

それは日本の社会システムは全て学校の延長線上にあるから。

国が新卒一括採用をするのがその原因。

民間もそれにならう。

新規一括採用を円滑に進めるためには、生徒、学生を同じ条件で揃えなくてはならない。

その条件とは、新年度を前に全員卒業すること。

就職は 就活 という入社チャンスが1回の短期集中選抜。

高校大学は入試というテストの一発勝負。

受験システムは日本の社会が、若者の新規一括採用をやめない限り何も変わらない。

子供の勉強する目的は受験対策であり続ける。

受験は競争である限り、難易度1位が最高の価値という社会の認識は揺るがない。

つまり、東大の価値は100年たっても変わらない。

 

校舎の屋上で話す早瀬と天野。

お互い、受験日まで勉強をやり抜くことを約束する。

そして東大に合格する!

 

 

ここから27話

 

 


スポンサーリンク


早瀬は12歳の帰国子女を演じて毎日ツイートしている。

天野も頑張る。

東京育ちの大学受験生としてユーチューブに英語で動画をアップする。

のはいいのだが、何故かアフロかつらをかぶってグラサンしている。

ホントに受験生?という感じになってる・・?

でも掴みとしてはこれくらいやらなきゃダメなのかな・・

 

 

龍山高校の廊下をかなり太っている女の人が歩いている。

歳は30くらいか。

見た目のインパクトは絶大!!

生徒が集まって来た。

ざわついている生徒たちに

「ハ~イ!」

と軽く挨拶する。

 

 

東大専科。

水野が新学期の挨拶をする。

目標はただ一つ!

来年3月の東大合格!

 

水野がこれからの方針を確認する。

大学受験において最重要科目は英語!

英語で得点を伸ばすには一番最初に英語強化に努めることが大事。

その訳は・・

英語は学習量が多いから。

だから二人もまず英語の対策に着手した。

 

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク