今日負けたら家族を失うと想像して登板した夏之介。

 


スポンサーリンク


 

初回表、味方に6点取ってもらったこともあり、1,2番連続三振の好調な出だし。

このホークスというチーム、打順に関係なく振り回して来る印象がある。

次の3番は輪をかけてアッパーに振ってくる。

夏之介がミスターアッパースイングと名付けた尾野。

いざ勝負!!

 

ツーアウトでランナーなし。

初球ストレート!

 

ブン

 

空振り!

夏之介
(しかしなんつー振り・・・)

子供の頃に倣った野球の基本に反している。

構えたグリップの位置からスッと振り下ろせと教わった。

そうすれば重力に逆らわないからスイングにスピードが出る。

しかしバットヘッドを一回下げて振り上げるようなアッパースウィングだと引力に逆らってスイングに鋭さがなくなる。

すると振り遅れる。

子供は特に振り出し時にグリップ位置が下がりがちだから

最短距離でボールを捉えさせるためにダウンスウィングを指導者は教える。

 


スポンサーリンク


しかしこの尾野というバッター、意図的にと思えるほど振り出し時にグリップを下げてアッパーに振ってくる。

絶対引力に逆らっている。

 

第3球・・

カン!

いい当たり。

レフト方向に引っ張って大ファール。

 

ボールとバットの軌道があっていないように見えてもちゃんとミートしてきた!

 

次の球も、その次も、さらにその次も同じ様に三塁側に大ファール。

しかも段々フェアグラウンドに近づいてきている!

1球もゴロのファールがない!

 

夏之介
(もうこの人・・・

ボールの下にバットを入れようとしているのがミエミエ。)

インパクトの瞬間は案外レベルなのだ。

でないとバットはボールの下に入らない。

そしてフォロースルーは思い切りアッパー!

これが極端なフライ打ちのフォーム・・

 

夏之介はバットを下に入れさせない作戦に出る。

ツーシームでシュートを投げる。

相手は右打者。

夏之介は左投げ。

シュートなら体から逃げていく軌道になる。

これならバットはボールの下に入らない!

 

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク