冒頭、回想から。

ビル・ハガードの若かりし頃。

シャトルシミュレーターでで訓練をしている。

するとトラブル発生。

予定していたのと違うトラブルだ。

原因がわからない。

すると何故かハガードのせいになる。

”ハガードが重すぎんじゃねーのか?”

 


スポンサーリンク


 

大体いつもそう。

何かトラブルが起こると、ハガードが・・・

そしてついたあだ名が”トラブル・ビル”

ひどい話である。

しかし当のハガードはそんなに気にしていない。

「私が見ているのは、常にトラブルの向こう側だ。」

現在。

アメリカの宇宙観測所のスタッフがモニターを見ながらつぶやく。

「そろそろ一周だよな。」

太陽のフレアの話である。

前回フレアを起こした黒点群が自転で一周してきて太陽の左隅に顔を出した。

拡大している・・・

スタッフも驚くCME。

※CME・・・太陽から突発的に大量のプラズマの塊が放出される現象。

スタッフは急ぎNASAに連絡する。

早朝のハガード家。

NASAから連絡が来る。

特大フレアの件である。

今回は太陽の側面で起こったので地球への影響はないとのことだが、問題はこれから。

太陽は自転しているので、8日後には黒点群が太陽の正面に移動してくる。

そこでフレアが起こったら前回の影響どころではない。

緊急会議が開かれる。

ビンスからムッタ達に連絡が入る。

緊急会議が開かれているが詳細は不明。

ハガードが会議から戻って説明を聞いてからまた連絡するとのこと。

とりあえず今日はミッション続行。

ハガードも大変だね、と話すエディとカルロ。

会議室にスタッフが集まって来た。

まだハガードは来ていない。

スタッフたちが話す。

CES-66はやばいよな、と。

着地でトラブル、パラソルアンテナを見失う、キャプテンのエディがケガ・・・

ハガードがFD(フロアディレクター)だから次々とトラブルが起こるのだという。

そこにハガードが到着。

エディがムッタ達クルーに話している。

昔、キツツキがシャトルの燃料タンクに穴をあけて巣を作って打ち上げが遅れた話。

それも、キャプコム席にハガードがいたというだけでハガードのせいみたいになったという。

カルロも目立つので、こういうことは経験してきたらしい。

問題はムッタ。

振り返ってみると、常に身の回りでトラブルが起こってきた気がする。


スポンサーリンク


このミッションでトラブルを呼んでいるのは多分俺ですよ、と心の中でハガードに謝るムッタ。

昔からハガードをよく知るエディは、

周囲が勝手に持った印象とは違い、ハガードは実はトラブルをいくつも解決した実績を持っている

という。

具体的には・・・

ISSの太陽パネルが作動しなくなり、電力供給に支障が出た時、現場にいたハガードがISS全体を回転させてパネルを太陽に向けた。

誰もが無茶だと言ったが、それがうまくいって電力は回復。

なかなかワイルドな逸話である。

会議室。

最悪のことを考えて、フレアは起こるものとして話が進められる。

・今回のフレアは前回を上回る。
2017年のフレアを超える、ヤバい奴。

・月面クルーが船外にいれば10シーベルトの被ばくで生きてはいられない。

・基地の停電、機器への影響、特にGPSの誤差、通信不良は防ぎようがない。

・基地のコンバーターも前のフレアの時に予備を使ってしまった。

クルーを帰還させるべきだという意見も出た。

しかし、サイエンスロス・・莫大な損失になる。

それでも最優先すべきは人命。

それは間違いない。

ずっと目をつぶっていたバトラーが口を開く。

月面クルーの生命維持を最優先し、CES-66ミッションはここで中断。

クルーの緊急帰還を提案する。

エディの話の続き。

ハガードの本当のデカさは、色んなものを飲み込めるデカさ。

自分が見られているのはわかっている。

だからこそ、誰より責任感を持ってトラブルと向き合う姿勢を貫いてきた。

それで毎回豪快にトラブルを乗り越えてきた。

だからこそ多くの人間に評価されている。

ハガードが出した結論は・・・

シャロン天文台は完成間近。

できれば帰還準備と同時進行で建設作業を進める。

最優先すべきはクルーの命。

だが、彼らの思いを考えれば、サイエンスを止めてはいけない。

「帰還を見据えた上で、天文台の完成を目指す。」

——304話ここまで。

宇宙兄弟 305話に続く

〇感想

科学の最先端のNASAでも意味不明な責任のなすり付けがあるなんて・・

ひどい話。

完全に言いがかりです。

しかしハガードはそんなことは問題にしない。

頼もしすぎるフロアディレクター!

とはいえ、前回のフレアの時もいろいろ危なかったしね~

タイムリミットがあると焦りも出るし・・・

誰かが命を落とすようなことにならなければいいのだけど。


スポンサーリンク