ヒロアカ ネタバレ 195話

  

A組とB組の初めての合同訓練!

今回の特別参加者を相澤先生が紹介する。

ヒーロー科編入を希望している

普通科C組 心操人使くんだ!

 


スポンサーリンク


 

心操人使

個性は洗脳

彼の呼びかけに応じた者は、彼の言いなりになってしまう。

彼にその気があれば。

 

デク
(面影を見たのは心操くんの洗脳がキッカケ・・・

タイミングがいいのかそれとも・・・)

 

心操の挨拶

何名かは既に体育祭で接したけれど

拳を交えたら友達とか・・

そんなスポーツマンシップ掲げられるような気持のいい人間じゃありません。

俺はもう何十歩も出遅れてる。

悪いけどひっしです。

立派なヒーローになって、オレの個性を人のために使いたい。

この場の皆が越えるべき壁です。

慣れ合うつもりはありません。

 

この挨拶を聞いたみんなの印象は・・・


スポンサーリンク


ギラついている。

引き締まる。

初期ろき君を見ているよう・・

 

物間は特に気に入った様子。

 

いよいよ実戦!

ブラドキングが説明する。

A組とB組の対抗戦!

舞台は運動場γの一角。

双方4人組をつくり、一チームずつ戦う。

 

心操を加えると41名になるが・・・

心操は今回2戦に参加。

A組チーム、B組チームそれぞれに一回ずつ。

つまり5試合中2試合は5対4の訓練になる。

 

4人が不利な気もするが、そうでもない。

ほぼ経験のない心操を4人の中に組み込む方が不利だし、5人チームは数的有利を得られるがハンデもある。

 

今回の状況設定は敵グループを包囲して、確保に動くヒーロー。

お互いに相手を敵だと認識する。

4人捕まえた方が勝利!

 

5人チームのハンデとはこのこと。

慣れないメンバーを入れて、

5人のうち4人捕まったら負けだから。

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク