福岡シャープホークス戦

今シーズン3回目の先発の夏之介。

初回は6得点取ってもらった。

 


スポンサーリンク


 

この試合、夏之介は気持ちも入っていたし、調子もよかった。

1番、2番を連続三振。

迎えた3番にはソロホームランを打たれたがこの回はその1点だけで切り抜けた。

 

しかし!!

2回からは毎回1失点。

6-4となった。

4失点の内容は・・・

2回に7番前沢にソロホームラン。

3回は2番幸野にソロホームラン

4回には6番堀江にソロホームラン・・

 

つごう4本のソロホームラン!

でも、ホームラン以外は全て抑えている。

そう無走者!

だから4失点もしているのに攻め込まれている感じがしない!

4回まで投げさせてもらった!

 

だけど・・

5回のマウンドに行かせてもらえるのか不安な夏之介。

勝利投手の権利がかかった5回!

この調子で行ったら5回も1失点して1点差になる。

 

6点も先制してもらったのに1点差。

でも逆に考えれば1点リードして5回を投げ切ることになる。

そうすれば今シーズン2勝目がつく!!

 

徳永コーチの様子が気になる夏之介。


スポンサーリンク


おそるおそる徳永コーチの方を見ると・・・

監督とひそひそ話している!

自分を5回のマウンドに行かせるかを話しているのか。

(どーなる・・?おれ。)

 

心乱れる夏之介。

 

改めてシャープホークスのバットの振り方が気になる。

全員イチかバチかの大振り!

全てアッパーの強振!!

 

振り方としては確率悪そうだが・・

結果はホームラン4本。

確率はいい!

恐ろしくいい!

 

夏之介は

セリーグだったら4本のうちの何本かは外野フライだったんじゃないかと考える。

全部自分のイメージより5メートルくらいは飛ばされている。

確かに3番の尾野選手には完敗した。

だけどあとの3本は外野フライで収まっていたんじゃないのか?

 

夏之介が俯いて考え込んでいると

「ヘイ凡之介。」

とマーズが声をかけてきた。

 

マーズはたどたどしい日本語で、夏之介が打たれた理由を説明してくれる。

全部ボールの下にバットを入れられている。

相手は強烈にフライだけを打とうとしている。

フライを意識的に打って、それをスタンドまで運んでいる。

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク