手術が成功して、NASAのクジョーもリラックスムード。

コーヒーを飲みながらカルロにドレーンに血がたまっていないか聞く。

 


スポンサーリンク


 

カルロの答え

殆ど出てない。

呼吸も落ち着いてきている。

 

バイタルも良好なので、このまま2~3日経過を見てくことに。

 

クジョーはスタッフの方に向いて

あとはベティの回復力に期待して、帰還までサポートしてやりましょう

と話す。

「みなさんひとまずお疲れさんです。」

 

スタッフから拍手が起きてグッジョブ クジョーと労われる。

その時

「クジョー!!」

と大声で呼ばれてドキッとして振り返ると・・

ハガードが笑顔で入って来た。

声と体が大きすぎる・・・

 

ハガードは

勲章モンの大偉業だという。

 

クジョー
「勲章やったらカルロにあげてください。

途中から最後の縫合まで全部カルロがやってくれましたから。」

 

しかし本当はカルロと変わってから通信障害は10分程度でなおっていたらしい。


スポンサーリンク


 

宇宙飛行士に花を持たせてやったのか?

とハガードに聞かれて、クジョーは否定する。

「スポーツとかでも集中してノってる選手の流れは止めたないでしょ?」

それにカルロとベティの深い絆には敵わない。

 

 

月面の基地では・・

よっぽど暇なのかブギーが表情のバリエーションを増やしている。

新しく眉毛を導入している。

 

ブギーがせりかの顔写真を映すとムッタが喜ぶ。

次にビンスの顔を映すと

ムッタ
「あ・・っ

もういいって、そういうの!

その顔にすればビビると思って・・

さっきのに戻しって。」

などと言っていると、本当にビンスからの通信だった!

慌てふためくムッタ。

 

通信の内容は

ジョックとギブソンでのケーブルチェックが完了したというものだった。

ビンスは二人に修復作業の指示を出す。

 

通信が終わった後、ブギーがさっきのムッタの様子を真似してからかう。

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク