東大専科英語特別講師の鍋明美先生。

いきなりレッスンが始まる!

 


スポンサーリンク


 

二人は立たされ、机といすをかたづけるよう言われる。

水野がプロジェクターとスクリーンを用意する。

 

部屋を暗くしてスクリーンに映し出されたのはある外国の女性アーティスト。

明美先生が口パクで踊りながらダンスと表情をモノマネする。

完成度が高い!!

 

水野
「二人も一緒にマネしてみよう。」

明美先生の横に立ってマネしてみる早瀬と天野。

 

曲が終わって・・

明美先生
「これが私のレッスン1よ。」

 

「ダンスとモノマネ?」

「口パクがですか?」

怪訝そうな顔をする二人。


スポンサーリンク


 

明美先生
「イエス。

この口パクレッスンはリスニング対策に最適なのよ。」

 

明美先生が説明する。

英語をいっぱい聞いて耳で理解しようとしても英語は得意にならない。

鍛えるのは耳ではなく、顔!

顔の中でも、特に表情筋!

 

英語と日本語では発声の仕方が全然違う。

英語は口を動かし、表情筋を使って言葉を発する。

 

対し、日本語は口を動かさず表情筋をあまり使わない。

だから表現力が弱い。

さらに恥ずかしがり屋の性格なので表情豊かに話すことが苦手。

ますます表情筋は使われなくなる。

これではいくら頑張っても一生英語を使いこなせない。

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク