合宿最終日

1球バッティング。

疲労困憊の中でも集中力を研ぎ澄ます!

 


スポンサーリンク


ワンアウトランナー1、3塁

カウント2-1

バッターは倉持。

倉持、バントの構えからバスター!

1,2塁間抜けた!!

 

高島
「左打席にするようになって振れてますね。

打率も上がって自信をもって打席に立っているのがわかります。」

 

ランナー1・3塁

カウント3-2

バッター白州

白州はフォアボールを選ぶ。

 

御幸。

「ボールゾーンに外れる変化球に手を出さないこと。

結局これが一番投手にプレッシャーをかけられる・・」

 

以前、食堂でのミーティングで御幸が皆に言った。

うちの打線が成宮のチェンジアップを捉えるのは難しいと思う。

 

倉持「あ?」

白州
「そこまでか・・成宮は。」

御幸
「ああ・・去年より進化してる。」

狙うとしたらストレートかスライダー。

狙いを絞った迷いのないスイングでプレッシャーをかけ続け、一試合に何度来るか分からない甘めのボールを仕留める・・

それくらい振り切った攻撃が出来なきゃ稲実は倒せないぜ。

 

バッターボックスには前園。


スポンサーリンク


少し下半身が乱れながらも低めをうまくライト前に運んだ。

 

沢村
「しゃあナイスゾノさん!」

前園「んだらしゃあ」

 

次は御幸。

ランナー1・2塁

カウント3-1

外れたらフォアボール。

ストライクの欲しい場面。

 

一打必さつ

 

右中間を破るツーベースヒット!!

沢村曰く、男前のツーベース!

倉持からもナイスバッチの声がかかる。

 

練習後、倉持は白州と春市に話したことがあった。

この打線の鍵となるのは御幸の前を打つ俺たち。

相手を揺さぶり、引っ掻き回し、点も取る。

俺たちが先に点とってやってたら、4番のあいつも少しは楽に打席に立てるだろうからな。

 

そして前園も同じ気持ち。

毎日毎日遅くまで素振り。

春市が「今日も遅かったですね。」と声をかけると

春の絶不調があったから振り込まないと眠れないという・・

前園
「それに4番の後ろが頼りなかったら、あいつは簡単に勝負を避けられてしまう。

4番の後ろに怖いバッターがおらなあかんのや。」

 

春市
(キャプテンと副キャプテンか・・

互いに言葉には出さない信頼関係があるんだろうな・・)

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク