大阪大会決勝前夜。

DL学園食堂

皆で晩御飯を食べている。

外は雨が降り続く。

 


スポンサーリンク


 

メインのおかずはサバの塩焼き。

長野が文句を言っている。

快苑は絶対ステーキかとんかつ食べている。

甲子園かけた決勝前夜にサバの塩焼き・・

こんなパンチの効いてない晩飯じゃ勝てない。

 

信楽兄弟はにこやかに納豆をかき混ぜる。

生活は質素に、仕事は豪快に。

決勝だからって特別なことをしないのがDL

 

長野のボヤキは止まらない。

味が薄くて試合ができないと言っている。

「醤油くれ醤油!!」

 

狩野は灯油缶を持ってくる。

醤油じゃ魂燃えまへんでアニキッ

 

長野
「ダッハ!!

やめろ ころす気け?

油違いじゃカス!!

頭ラリるわアホ!!

せやけど脂肪燃えてえぇけどな

やかましいわボケ!

灯油ちゃうわ醤油よこせしょーもないっ!!」


スポンサーリンク


 

長野は一人さっさと食べ終えて・・

爪楊枝を使いながら狩野に

主将らしい感動のお言葉はないのかという。

 

狩野は「ハイ?」

とぼけた顔。

 

長野が詳しく説明。

決勝前にチームの士気鼓舞するスピーチとか。

明日頑張りましょう的なやつ!

 

狩野はたくあんをひと切れ口に入れる。

先輩達は狩野の言葉を待っている。

 

狩野は静かに話し始める。

今より100倍キツい寮生活耐え抜いて・・・

甲子園出られる機会

不祥事で2回も奪われて・・・

新チームになったら下級生が主将に・・・

挙句の果てに愛するユニフォームともオサラバ・・・

腹の底に本音沈めて一言も不服を垂れず

厳しい現実を潔く受け入れて

前へ前へと突き進む・・

 

ガンッ

 

狩野はおかずがひっくり返るほどテーブルをたたいた!!

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク